土地は高価な財産です。皆さんの土地に対する権利意識は高く、土地の境界に関するトラブルが多発する傾向にあります。
 このトラブルは、所有者が境界標を設置していなかったり、設置した境界標の管理が不十分な場合に起こります。
 今、あなたの土地に境界標がない場合、後日の紛争を防止するためにも、「土地家屋調査士」にご相談の上、境界標を設置することをおすすめします。
 また、大切な境界標も、永年の間には工事等によってなくなったり、盛土をしたときなどに不明になることがありますから、日頃の境界標の管理が必要となります。そして、この管理には、「土地家屋調査士」の作製した地籍測量図が不可欠です。
 大切な財産を守ってくれる境界標は自己管理が大原則ですが、万が一、境界標が不明の場合は、お近くの「土地家屋調査士」にご相談下さい。

 


 

  • お隣との境界を明確にしておきたい。
  • 自分の土地の面積を知りたい。
  • 相続・贈与などのために1筆の土地を2筆以上に分けたい。
  • 所有している土地の地番を一つの地番にまとめたい。
  • 畑や山林などを造成して宅地などに変更した。

 

 

 

   

 

 

Copyright(c) 2003
All rights reserved by Osaka Tochikaoku Chosa-shi Minami Shibu